通信用語の基礎知識 IPv4
戻る
参加者募集中

占守島

辞書:国土用語の基礎知識 日本地理・北海道編 (EGJPD)
読み:しゅむしゅ・とう
外語:Остров Шумшу ロシア語
品詞:その他地名
2004/12/26 作成
2011/10/08 更新

千島列島の北部(北千島)に位置する島の一つ。幌筵島(ぱらむしるとう)の一つ北に位置する島で、列島最北端であり、カムチャツカ半島に最も近い島。

北海道根室振興局管内占守郡に属する。占守郡は郡までの設置であり、この島には現在、自治体は存在しない。

島の地勢

概ね平坦な島であり、カムチャツカ半島とは占守海峡で隔てられていて、この海峡が日露の国境線と考えられている。

かつて日本領であり、現日本政府は領有国なしとの見解である。しかし現実には旧ソ連(現ロシア)に不法占拠されている。

なぜならば、この島は大東亜戦争最後の戦地でもあり、ポツダム宣言受諾の翌日1945(昭和20)年8月15日にスターリンは攻撃計画発案、16日にソ連軍機の偵察飛行、そして17日には散発的な爆撃を開始、遂に18日に本格的に占守島爆撃を開始し、そして9月5日までに歯舞諸島に至る全千島を占領したからである。

所属する自治体等
北海道
根室振興局
占守郡
北方領土
千島列島
隣接する島
幌筵島
阿頼度島

コメントなどを投稿するフォームは、日本語対応時のみ表示されます


KisoDic通信用語の基礎知識検索システム WDIC Explorer Version 7.03 (16-May-2019)
Search System : Copyright © Mirai corporation
Dictionary : Copyright © WDIC Creators club