通信用語の基礎知識 IPv4
戻る
参加者募集中

国道38号

辞書:国土用語の基礎知識 一般道路名・北海道編 (EWLD)
読み:こくどう・さんじゅうはちごう
外語:R38: Route 38 英語
品詞:固有名詞
2004/07/21 作成
2011/10/08 更新

北海道空知総合振興局管内滝川市明神町から北海道釧路総合振興局管内釧路市大町までを結ぶ国道。延長291.0km。

道央圏と釧路地方を結ぶ主要幹線道路で、別名 "釧路国道"。

国道12号、国道451号と接続する明神町1交差点を起点に、釧路駅の南にある旧釧路川を渡った幣舞橋(ぬさまいばし)南詰のロータリーに至る。国道の起終点がロータリーになっているのは、おそらくここだけである。

通過する主要な都市は空知総合振興局管内芦別市、上川総合振興局管内富良野市、十勝総合振興局管内帯広市。

道東自動車道が併走する。

用語の所属
一般国道
38
連絡する道路
国道12号
国道44号
関連する道路
道東自動車道

コメントなどを投稿するフォームは、日本語対応時のみ表示されます


KisoDic通信用語の基礎知識検索システム WDIC Explorer Version 7.03 (16-May-2019)
Search System : Copyright © Mirai corporation
Dictionary : Copyright © WDIC Creators club