通信用語の基礎知識 IPv4
戻る
全国のICカードこれひとつ

本州・北海道架橋

辞書:国土用語の基礎知識 高速道路名・本州編 (EWHM)
読み:ほんしゅう・ほっかいどうかきょう
品詞:固有名詞
2010/03/25 更新

現在、日本の4大陸中唯一道路で結ばれていないのは北海道のみである。そこで、北海道と本州を結ぶために橋を掛けようという壮大な構想が、この "本州・北海道架橋"、またの名が "津軽海峡大橋" である。

具体的には、青森県の下北半島、下北郡大間町から、北海道函館市を結ぶことが計画されている。函館市側は、函館空港の西近くへの架橋が計画されている。

実は津軽海峡には既に二本の国道が指定されている(海上国道)。本州・北海道架橋はそれを実現させようというプロジェクトなのである。

ちなみに、この橋の距離は約17.5km。工費は推定2〜4兆円掛かるという。

関連するリンク
http://www.kh.rim.or.jp/~hhbridge/

コメントなどを投稿するフォームは、日本語対応時のみ表示されます


KisoDic通信用語の基礎知識検索システム WDIC Explorer Version 7.03 (16-May-2019)
Search System : Copyright © Mirai corporation
Dictionary : Copyright © WDIC Creators club