通信用語の基礎知識 IPv4
戻る
参加者募集中

標柱間速力試験

辞書:国土用語の基礎知識 海事編 (EMMARIN)
読み:ひょうちゅうかんそくりょくしけん
品詞:名詞

記事の有効期限について

この記事は更新履歴情報のない、旧形式項目です。久しく更新されておらず、古い記述を含む可能性があります。

更新すべき内容を見つけた場合は、ページ末の報告フォームよりお知らせください。また、現在当サイトは編集仲間を求めています

昭和40年代頃まで一般的に行なわれていた速力試験のやり方。各地の試験海面近くの陸岸(東京湾では湾入口の館山沖)に1海里の間隔で設置された標柱の沖を直線航過し、航走に要した時間を測って速力を計算する。

しかし、近年では海上交通の輻輳がひどく、標柱間に平行に直線航走しようにも邪魔が入って試験が思うようにできなくなってきており、ラジオログ方式をとられることが多くなってきている。

関連する用語
速力試験

コメントなどを投稿するフォームは、日本語対応時のみ表示されます


KisoDic通信用語の基礎知識検索システム WDIC Explorer Version 7.03 (16-May-2019)
Search System : Copyright © Mirai corporation
Dictionary : Copyright © WDIC Creators club