通信用語の基礎知識 IPv4
戻る
参加者募集中

海上区間

辞書:国土用語の基礎知識 道路編 (EROAD)
読み:かいじょうくかん
品詞:名詞

記事の有効期限について

この記事は更新履歴情報のない、旧形式項目です。久しく更新されておらず、古い記述を含む可能性があります。

更新すべき内容を見つけた場合は、ページ末の報告フォームよりお知らせください。また、現在当サイトは編集仲間を求めています

国道、あるいは都道府県道などで、海を挟んで道路が指定されている場合がある。この場合、途中の海上も道路の区間として地図上に線が引かれ、これを海上区間という。これが国道であれば海上国道と呼ばれる。

海の上を車が走ることはできないので代わりにフェリーなどが間を結ぶことになるが、将来的に橋またはトンネルで結ぶ計画として海上区間指定となることもある。

例えば国道16号は神奈川県東京都・埼玉県・千葉県を結ぶ環状路線であるが、東京湾部分は海上区間となり車は走れない。そしてこの海上区間は東京湾口道路という道路構想がある、といった具合である。

関連する用語
海上国道

コメントなどを投稿するフォームは、日本語対応時のみ表示されます


KisoDic通信用語の基礎知識検索システム WDIC Explorer Version 7.03 (16-May-2019)
Search System : Copyright © Mirai corporation
Dictionary : Copyright © WDIC Creators club