通信用語の基礎知識 IPv4
戻る
参加者募集中

王家の谷

辞書:国土用語の基礎知識 世界地理編 (EGW)
読み:おうけのたに
品詞:その他地名

記事の有効期限について

この記事は更新履歴情報のない、旧形式項目です。久しく更新されておらず、古い記述を含む可能性があります。

更新すべき内容を見つけた場合は、ページ末の報告フォームよりお知らせください。また、現在当サイトは編集仲間を求めています

エジプト新王国時代の古代都市テーベにある王家の墓地。現ビバーン・アルムルーク。

イクナートンを除く第18王朝トトメス2世から第20王朝ラメス11世まで、及び高官貴族を含め62基の王墓が存在する。古王国時代のピラミッドと異なり盗掘防止の為に涸れ谷の奥に造営されたものだが、その殆どは現在までに被害に遭っている。

コメントなどを投稿するフォームは、日本語対応時のみ表示されます


KisoDic通信用語の基礎知識検索システム WDIC Explorer Version 7.03 (16-May-2019)
Search System : Copyright © Mirai corporation
Dictionary : Copyright © WDIC Creators club