通信用語の基礎知識 IPv4
戻る
参加者募集中

直行便

辞書:国土用語の基礎知識 民間航空編 (EACIVIL)
読み:ちょっこうびん
品詞:名詞

記事の有効期限について

この記事は更新履歴情報のない、旧形式項目です。久しく更新されておらず、古い記述を含む可能性があります。

更新すべき内容を見つけた場合は、ページ末の報告フォームよりお知らせください。また、現在当サイトは編集仲間を求めています

目的地にノンストップで行く航空便のこと。

航空機は乗り降りに時間がかかることや直行便だと飛行経路に無駄がないということから乗り継ぎ便と比べると目的地までにかかる時間は直行便の方が短くなる。そのため、直行便がある都市へは直行便を利用した方がよい。しかし、直行便のある組み合わせは実に少なく、直行便のない組み合わせだと自動的に乗り継ぎ便で現地に向かわねばならない。また、航空料金の安い航空会社の乗り継ぎ便を利用することで航空料金を節約できるということや、長時間の飛行に耐えられず途中で休憩が欲しいこと、わざと遠回りすることでマイルを多く溜める、あるいは自分がマイルを溜めれる、溜めやすい航空会社には直行便がないからなど、時間以外の目的からわざと時間のかかる乗り継ぎ便に乗る人もいる。

関連する用語
乗り継ぎ便
経由便

コメントなどを投稿するフォームは、日本語対応時のみ表示されます


KisoDic通信用語の基礎知識検索システム WDIC Explorer Version 7.03 (16-May-2019)
Search System : Copyright © Mirai corporation
Dictionary : Copyright © WDIC Creators club