通信用語の基礎知識 IPv4
戻る
参加者募集中

空冷エンジン

辞書:国土用語の基礎知識 車編 (ECCAR)
読み:くうれい・エンジン
品詞:名詞

記事の有効期限について

この記事は更新履歴情報のない、旧形式項目です。久しく更新されておらず、古い記述を含む可能性があります。

更新すべき内容を見つけた場合は、ページ末の報告フォームよりお知らせください。また、現在当サイトは編集仲間を求めています

シリンダーを冷却するのに特別な装置を持たず、外気によってシリンダーに付けられたフィンから放熱するエンジンのこと。

一般にシリンダー・ヘッドの表面温度は瞬間許容280℃、短時間では240℃、巡行・巡航では200℃に保つように設計する。

エンジンを空気にさらす必要から正面面積は増える。また、冷却効率の点から星型エンジンを採用することが多いが、そうするとますます正面面積が増えることになり、空気抵抗が増してしまう。高速を出すためには大出力なエンジンが必要であるが、高出力なエンジンはより冷却が難しくなる一方、空気抵抗の問題も切実になり、液冷式に比べ不利である。しかし、冷却システムを搭載しなくて済むので、エンジン重量が軽く済み、加速などの点で有利である。また、機構が簡単なので、液冷エンジンよりも低い工業レベルでも生産が可能で、故障率の低さ、メンテナンスのしやすさの点からも有利である。

そのような点から、旧日本軍、特に海上で運用することの多い日本海軍では殆どの航空機に空冷エンジンを搭載していた。

関連する用語
エンジン
冷却フィン
液冷エンジン

コメントなどを投稿するフォームは、日本語対応時のみ表示されます


KisoDic通信用語の基礎知識検索システム WDIC Explorer Version 7.03 (16-May-2019)
Search System : Copyright © Mirai corporation
Dictionary : Copyright © WDIC Creators club