通信用語の基礎知識 IPv4
戻る
参加者募集中

軍艦

辞書:国土用語の基礎知識 海事編 (EMMARIN)
読み:ぐんかん
外語:warship 英語
品詞:名詞

記事の有効期限について

この記事は更新履歴情報のない、旧形式項目です。久しく更新されておらず、古い記述を含む可能性があります。

更新すべき内容を見つけた場合は、ページ末の報告フォームよりお知らせください。また、現在当サイトは編集仲間を求めています

軍艦の定義は難しいが、基本的にはある国家の所有で、海軍の籍に入っている船のこと。

そのため、海上保安庁の巡視船やアメリカ沿岸警備隊のカッターは如何に強力な武装を持っていても、戦時などに海上自衛隊やアメリカ海軍の指揮下に組み込まれない限りは軍艦としては扱われない。

軍艦は国際法に従って行動し、その甲板上はその軍艦の所属する国家の延長と見なされる。そのため、商船と軍艦がすれ違うときは必ず商船の方が先に敬意を表する(船尾の国籍を示す旗を一度下げ、再び上げる)。

日本海軍においては、一般的な意味での「軍艦」は「艦船」と呼び、「軍艦」とは舳に菊の御紋章をつけた戦闘用艦(艦艇)のことを指していた。

関連する用語
船舶
海軍
海上自衛隊
特殊船
商船

コメントなどを投稿するフォームは、日本語対応時のみ表示されます


KisoDic通信用語の基礎知識検索システム WDIC Explorer Version 7.03 (16-May-2019)
Search System : Copyright © Mirai corporation
Dictionary : Copyright © WDIC Creators club