通信用語の基礎知識 IPv4
戻る
参加者募集中

飛行情報区

辞書:国土用語の基礎知識 地理用語編 (EGY)
読み:ひこう・じょうほうく
外語:FIR: Flight Information Regions 英語
品詞:名詞
2005/08/29 作成
2008/10/17 更新

各国が航空交通管制業務を実施するための空域のこと。

いわゆる領空とは無関係に、主に地理的な条件に基づいて設定されたもので、国際民間航空機関(ICAO)によって指定される。

領空と区別するため、飛行情報区の空域名称は国名を用いず、管制局や情報局の名前などが主に使われている。

日本

日本国が現在管轄する飛行情報区は福岡飛行情報区(福岡FIR)であり、国土交通省(旧運輸省)の航空交通管理センターが業務を実施している。

以前は、米国による沖縄統治の影響で東京飛行情報区(東京FIR)と那覇飛行情報区(那覇FIR)が存在し、返還後も長く二箇所で管制業務が行なわれていた。両者が統合されたのは2006(平成18)年である。

この担当空域は更に四つ(札幌・東京・福岡・那覇)に分けられる。

  • 札幌航空交通管制部 (札幌コントロール)
  • 東京航空交通管制部 (東京コントロール)
  • 福岡航空交通管制部 (福岡コントロール)
  • 那覇航空交通管制部 (那覇コントロール)

更に、各コントロールの中をセクターと呼ばれる空域で細分化し、セクターごとに管制官を置き管制をしている。

日本の管轄する空域の約70%を担当するのは東京航空交通管制部であるが、これは東京ではなく埼玉県所沢市にある。

関連する用語
防空識別圏
領空

コメントなどを投稿するフォームは、日本語対応時のみ表示されます


KisoDic通信用語の基礎知識検索システム WDIC Explorer Version 7.03 (16-May-2019)
Search System : Copyright © Mirai corporation
Dictionary : Copyright © WDIC Creators club