通信用語の基礎知識 IPv4
戻る
全国のICカードこれひとつ

高速自動車道路

辞書:国土用語の基礎知識 道路編 (EROAD)
読み:こうそくじどうしゃどうろ
品詞:名詞

記事の有効期限について

この記事は更新履歴情報のない、旧形式項目です。久しく更新されておらず、古い記述を含む可能性があります。

更新すべき内容を見つけた場合は、ページ末の報告フォームよりお知らせください。また、現在当サイトは編集仲間を求めています

自動車が高速に走行できる道路のこと。高速道路

日本では、高速自動車国道自動車専用道路をまとめて高速道路または高速自動車道と呼ぶ。

世界初の高速自動車道路は、ドイツ・ベルリンに作られた「アーヴス・アウトバーン」で、1921(大正10)年のことである。AVUS(自動車交通実験道路)は1912(大正元)年に建設が始まり、第一次世界大戦で一時中断したものの、1921(大正10)年に完成した。この道路は当時最新の技術水準で作られており、グリューネワルト〜ワンゼー郊外までの10kmを、2車線、タール舗装、車線間には緑地帯、全区間が立体交差、として建設された。このアウトバーンはその後も拡張が続き、今では全長8000kmにも及ぶ。

コメントなどを投稿するフォームは、日本語対応時のみ表示されます


KisoDic通信用語の基礎知識検索システム WDIC Explorer Version 7.03 (16-May-2019)
Search System : Copyright © Mirai corporation
Dictionary : Copyright © WDIC Creators club