通信用語の基礎知識 IPv4
戻る
全国のICカードこれひとつ

Nシステム

辞書:国土用語の基礎知識 道路編 (EROAD)
読み:えぬシステム
外語:N System 英語
品詞:商品名

記事の有効期限について

この記事は更新履歴情報のない、旧形式項目です。久しく更新されておらず、古い記述を含む可能性があります。

更新すべき内容を見つけた場合は、ページ末の報告フォームよりお知らせください。また、現在当サイトは編集仲間を求めています

自動車登録番号自動読取システム。"N" は、車の登録番号(ナンバー)から来ている。速度測定機能などはなく、通過する車両の登録番号(ナンバープレート)をただひたすら読み取り、記録する。

あらかじめセンター(各都道府県の通信司令室)の端末から登録番号を入力しておくことで、手配車両が通過した際に最寄りの警察署等に自動で通報される他、事後に記録を遡って調べることも可能。

現在は第3世代が稼働中で、第4世代が開発の最終段階と言われている。それぞれ記録部の形状が異なり、世代が新しくなるたびに記録部はコンパクト化してきた。

主に三菱電機が開発を行なっているが、同社はこのNシステムを2組用いて時間と距離から自動車が移動した平均速度を求め、速度超過の検挙に用いるという特許を出願中である。

Tシステムとほとんど同じ事から、記録部等にかなりの共通点が見られるが、見分け方はNシステムは全車線に設置されているのに対し、Tシステムは中央部か分離帯寄りの追い越し車線にしか設置されていない。

第三世代Nシステムの例
第三世代Nシステムの例

Nシステムの設置例
Nシステムの設置例

関連する用語
オービス
LHシステム
Tシステム
三菱電機

コメントなどを投稿するフォームは、日本語対応時のみ表示されます


KisoDic通信用語の基礎知識検索システム WDIC Explorer Version 7.03 (16-May-2019)
Search System : Copyright © Mirai corporation
Dictionary : Copyright © WDIC Creators club