通信用語の基礎知識 IPv4
戻る
参加者募集中

リトルボーイ

辞書:軍事用語の基礎知識 NBC兵器編 (ANBC)
読み:リトルボーイ
外語:Little Boy 英語
品詞:固有名詞
2001/10/29 作成
2008/08/05 更新

1945(昭和20)年8月6日、「エノラ・ゲイ」という名前のB-29から広島市に投下されたウラン型原子爆弾のコードネーム。直訳は「少年」。

目次

リトルボーイは、投下されてから約1分後である1945(昭和20)年8月6日08:15(@010)、産業奨励館、すなわち今日「原爆ドーム」と呼ばれている建物の上空約580mの地点で爆発した。

これは人類史上、初めて実戦で使われた核兵器である。

爆発した瞬間のことは生存者によると「空にもう一つ太陽が現われたようだった」とのことである。

熱線が地上に到達したとき、人間を含む地上のありとあらゆるものを焼き尽くした。

その直後、爆発によって生じた爆風によって、爆心地から半径2km圏内の構造物は殆どが跡形も無く破壊された。

広島市は山が近かったため、その山によって反射されてきた爆風によって被害は拡大した。リトルボーイの16ktに対し、長崎に投下されたファットマンは22.3ktとファットマンの方が破壊力が大きかったにも関わらず、広島の方が被害が大きかったのはこれが原因である。

用語の所属
核兵器
核爆弾
原子爆弾
関連する用語
原爆ドーム
ファットマン

コメントなどを投稿するフォームは、日本語対応時のみ表示されます


KisoDic通信用語の基礎知識検索システム WDIC Explorer Version 7.03 (16-May-2019)
Search System : Copyright © Mirai corporation
Dictionary : Copyright © WDIC Creators club