通信用語の基礎知識 IPv4
戻る
参加者募集中

戦闘行動半径

辞書:軍事用語の基礎知識 軍事システム編 (AMSYS)
読み:せんとうこうどうはんけい
品詞:名詞
2001/03/24 作成
2011/06/27 更新

戦闘機等における作戦遂行可能範囲。発進基地を中心とした円の半径で表わす。

基地から離陸し、ある定められた空域にまで進出して、そこで定められた任務を実施して再び元の基地に戻ってくる場合、取り得る最大限の基地とその空域までの距離の目安である。

戦闘行動半径を二倍(往復)し、数割程度(任務をこなすために必要な分)を足したものが航続距離に換算できる。

コメントなどを投稿するフォームは、日本語対応時のみ表示されます


KisoDic通信用語の基礎知識検索システム WDIC Explorer Version 7.03 (16-May-2019)
Search System : Copyright © Mirai corporation
Dictionary : Copyright © WDIC Creators club