通信用語の基礎知識 IPv4
戻る
参加者募集中

俺の屍を越えてゆけ

辞書:萌色用語の基礎知識 ゲーム・ソフト編 (GSOFT)
読み:おれのしかばねをこえてゆけ
品詞:商品名

記事の有効期限について

この記事は更新履歴情報のない、旧形式項目です。久しく更新されておらず、古い記述を含む可能性があります。

更新すべき内容を見つけた場合は、ページ末の報告フォームよりお知らせください。また、現在当サイトは編集仲間を求めています

酒呑童子(ゲーム中では朱点童子)を題材にしたプレイステーション用和風RPG。制作アルファシステム、販売 SCEI。通称 "俺屍(おれしか)"。

京を荒らす鬼・朱点童子の退治に挑み、破れた勇士とその妻がいた。朱点童子は、夫婦の遺児に二つの呪いをかける。ひとつは寿命は長くて二年という短命の呪い、もう一つは人と交わり子を残すことができない種絶の呪いである。これを不憫に思った天界の神々は救いの手を差し伸べた。人と交わることはできなくとも、神とならば交わって子を残すことができる。何代にもわたって神と交わり、一族の血に神の力を蓄えていくことにより、朱点童子の打倒を目指すのだ。

関連するリンク
http://www.alfasystem.net/game/ore/
関連する用語
アルファシステム

コメントなどを投稿するフォームは、日本語対応時のみ表示されます


KisoDic通信用語の基礎知識検索システム WDIC Explorer Version 7.03 (16-May-2019)
Search System : Copyright © Mirai corporation
Dictionary : Copyright © WDIC Creators club