通信用語の基礎知識 IPv4
戻る
全国のICカードこれひとつ

漫画太郎

辞書:萌色用語の基礎知識 作家編 (OMSAKKA)
読み:まん・がたろう
品詞:人名

記事の有効期限について

この記事は更新履歴情報のない、旧形式項目です。久しく更新されておらず、古い記述を含む可能性があります。

更新すべき内容を見つけた場合は、ページ末の報告フォームよりお知らせください。また、現在当サイトは編集仲間を求めています

まんが家。本職はレーサー。愛知県在住。愛知県の長者番付にランクインすることもあるという。名前の漫と画太郎の間には色々な文字や記号が挟まることがある。

圧倒的な画力に支えられた、独特かつ独創的でかつ確信犯的な "汚い絵" を持ち味とする奇才。また、ひたすらコピーを作風とギャグにまで昇華させた作家でもある。パッと見だけで "下手な絵" と表現する者もいるが、その緻密なデッサン力などを見れば決して下手ではないことは分かる。汚い絵は、あくまでも故意によってなされた表現の一つなのである。

代表作は "珍遊記"、"まんゆうき 〜ばばあと あわれな げぼくたち〜"、"くそまん"、"地獄甲子園"、"道徳戦士超獣ギーガー"、"笑ってごらん"など。もちろん、これら作品の大半は国立国会図書館に所蔵されている。

まんゆうきの "娘々" は、彼が描いたとは思えぬ程、他の絵とタッチの違う萌え絵で、当時は画太郎が左手で描いているとかアシスタントが描いているなどとの噂も流れた。しかし現実にアシスタントが描いたという証拠もないことから、実際は漫画太郎本人の絵であろう。

関連する用語
まんが

コメントなどを投稿するフォームは、日本語対応時のみ表示されます


KisoDic通信用語の基礎知識検索システム WDIC Explorer Version 7.04 (07-Mar-2021)
Search System : Copyright © Mirai corporation
Dictionary : Copyright © WDIC Creators club