通信用語の基礎知識 IPv4
戻る
参加者募集中

装甲騎兵ボトムズ

辞書:萌色用語の基礎知識 アニメ題名編 (OATITLE)
読み:そうこうきへいボトムズ
品詞:固有名詞

記事の有効期限について

この記事は更新履歴情報のない、旧形式項目です。久しく更新されておらず、古い記述を含む可能性があります。

更新すべき内容を見つけた場合は、ページ末の報告フォームよりお知らせください。また、現在当サイトは編集仲間を求めています

日本サンライズ(現、サンライズ)制作のロボットアニメ。1983(昭和58)年4月1日〜1984(昭和59)年3月23日まで全52話が放映された。

メルキア軍の兵士でAT(アーマード・トルーパー)のパイロット、キリコ・キュービィは、百年戦争末期に参加させられた作戦の最中、カプセルの中で眠っていた "素体" と呼ばれる美女と出会う。その後、上官に殺されかけたり、素体の情報を求める軍情報部に拷問を受けるなどした後に軍から逃走。しかし、キリコは戦い以外に生きる術を知らなかった。ギャングと治安警察が支配するウドの街に流れ着いたキリコは、再びATに乗ることになる。ウドの街での戦いの最中、キリコは運命に導かれるようにあの素体の女と再会する。今では「ファンタムレディ」と呼ばれる女を、キリコは「フィアナ」と呼んだ。

リアルロボットアニメシリーズ中でもその独特のリアル感は類を見ない作品である。シリーズ通しての "主役メカ" というものは存在しない。ATは徹底的に道具として描かれ、作中、キリコはATを状況に応じてためらいなく乗り捨てていた。基本的に "スコープドック" に代表される "ドック"系を好んでいたが、それとて単に「乗り慣れている」以上の意味はない。タイトルにある "ボトムズ" とは、最前線の軍人達が "AT乗り" を指すスラングで、"最低の野郎" という意味である。

作品中では乗り捨て扱いのATであるが、その造形や、ギミック、動きなどは、メカマニア達を唸らせる斬新さであり、多くのメカマニアがこの作品の虜となった。ATは、「ガンダム」のモビルスーツや「マクロス」のバルキリーと並んで讃えられる傑作メカである。

制作スタッフ
原案                :矢立肇
原作                :高橋良輔
監督                :高橋良輔
キャラクターデザイン:塩山紀生
メカニカルデザイン  :大河原邦男
作画監督チーフ      :塩山紀生
音楽                :乾裕樹
音響監督            :浦上靖夫
美術                :東篠俊寿、岡田和夫
演出チーフ          :滝沢敏文
脚本                :五武冬史、高橋良輔、吉川惣司、鳥海尽三
制作                :日本サンライズ
声優
キリコ・キュービィ  :郷田ほづみ
フィアナ            :弥永和子
ゴールーズ・ゴウト  :富田耕生
バニラ・ハートラー  :千葉繁
ココナ              :川浪葉子
ル・シャッコ        :政宗一成
イプシロン          :上恭ノ介
ロッチナ            :銀河万丈
バッテンタイン      :戸谷公次

コメントなどを投稿するフォームは、日本語対応時のみ表示されます


KisoDic通信用語の基礎知識検索システム WDIC Explorer Version 7.03 (16-May-2019)
Search System : Copyright © Mirai corporation
Dictionary : Copyright © WDIC Creators club