通信用語の基礎知識 IPv4
戻る
全国のICカードこれひとつ

GIRLSブラボー first season

辞書:萌色用語の基礎知識 アニメ題名編 (OATITLE)
読み:ガールズブラボーファーストシーズン
外語:Girls Bravo first serson 英語
品詞:名詞
2009/10/06 作成

2004(平成16)年7月6日から2004(平成16)年9月27日までフジテレビで放送されたアニメ作品。全11話。原作はまんがGIRLSブラボー

後半はsecond seasonとしてWOWOWで放映された。

話の大部分はまんが版の各種ストーリーをピックアウトしたものである。

TV放映版

かつて、フジテレビは番組の表現規制が緩かったことから、このアニメもかなりのお色気物になることが期待された。しかし、放映直前にフジテレビの規制が改正されてテレビ東京並みに強化されてしまい、かといって放映は目前に迫っているわけでとても修正が間に合うような状況ではなかった。

そこで、このアニメのお色気シーンの多くがお風呂のシーンで占められていることから、湯気を濃くすれば簡単にそれらを隠せるとばかりにそれを実行したところ、ほとんど放送事故あるいは納期遅れ演出と変わらない状況になってしまった。視聴者はそのいきすぎたやり方に驚愕した。

冬場の草津温泉でさえ超えられないであろうその湯気の量から、スチームガール(スチームボーイのもじり)、この見にくくて白い世界(この醜くも美しい世界のもじり)、あるいは湯気アニメ靄アニメと呼ばれる始末であった。

DVD版

DVD版の発売にあたって当然それらの規制は撤廃されることになり、「笑劇映像大幅追加版」「DVDで湯気スッキリ」などと宣伝された。このネタは後のPS2ゲーム版の発売にあたって「ボタン連打で湯気スッキリ」などというキャッチコピーとして使われ、多くの笑いを誘ったのであった。

なお、この顛末に関しては監督のあおきえいがフジテレビを暗に批判する発言を行っている。

first seasonの湯気による規制回避があまりにも衝撃的(笑劇的?)だったため、当初は2ちゃんねるなどで批判が続出したが、事情が知れ渡るにつれネタアニメとして楽しまれるという副次効果を生み出した。

また、DVD版では表現規制が撤廃されるというということで、それがDVDの売り上げ増加に少なからず寄与したらしい。これ以降、TV版とDVD版で内容に差を付けて売るという形態が一般化されたとも言われる。

海外版ではfirst season、second seasonという区分けはなく、全24話を一括りとして放映、販売されている。

用語の所属
アニメ
関連する用語
GIRLSブラボー second season
GIRLSブラボー (まんが)

コメントなどを投稿するフォームは、日本語対応時のみ表示されます


KisoDic通信用語の基礎知識検索システム WDIC Explorer Version 7.03 (16-May-2019)
Search System : Copyright © Mirai corporation
Dictionary : Copyright © WDIC Creators club