通信用語の基礎知識 IPv4
戻る
全国のICカードこれひとつ

X2000

辞書:萌色用語の基礎知識 萌え用語編 (OZMOEY)
読み:エックスにせん
外語:X2000 英語
品詞:商品名
2009/07/24 作成
2011/03/03 更新

かつて、タイトーが販売していた業務用通信カラオケシステムで、発売された中では世界初の通信カラオケだった。

1992(平成4)年発売。かつて、アニソンなどのラインナップが豊富で、逸般人に大変好まれたカラオケ機だった。

しかし後期には新曲の入りが悪くなり人気低迷、店舗も減少し、やがて撤退することになる。

X2000は、現在ではJOYSOUNDのエクシングに継承されている。タイトーはカラオケ事業を株式会社JAXとして分社化し、エクシングがJAXの全株式を取得、その後吸収合併という経緯を辿っている。

機種

  • X2000
  • X2000 PRO
  • X2000 STAR
  • X2000 STAR+

音質や曲番号入力方法に違いはあるが、曲目は同じである。PRO以降では曲の予約が99曲まで出来るため、逸般人はアニソンを100曲ランダムに入力する暴挙に出たこともあるらしい。

後継機は次の通り。

  • Lavca

X2000の曲資産を継承しているが、置いている店は殆どない。

人気

X2000は音質および画質が極めて悪く、一般への人気は低かった。

その一方、アニソンや未発売の曲など、マニアックな選曲が逸般人の人気を呼び、コアなカラオケファンからは熱い視線が注がれていた。

当時からDAMなどのライバルは存在したが、一般人からはDAMの方が人気が高かったので、徐々に衰退、X2000シリーズは2007(平成19)年11月30日をもって楽曲配信サービスを終了した。

なお、後継機のLavcaは、現在もJOYSOUNDのエクシングによってサービスが継続している。

現状

楽曲情報はダイアルアップによって取得する方式だったが、現在ではサービスが終了しており、接続することができない。

かつてX2000用に作られたデータがJOYSOUNDなどに転用されているのかどうかは、定かではない。

用語の所属
カラオケ
関連する用語
アニソン
逸般人

コメントなどを投稿するフォームは、日本語対応時のみ表示されます


KisoDic通信用語の基礎知識検索システム WDIC Explorer Version 7.03 (16-May-2019)
Search System : Copyright © Mirai corporation
Dictionary : Copyright © WDIC Creators club