通信用語の基礎知識 IPv4
戻る
全国のICカードこれひとつ

まくらぎ

辞書:鉄道用語の基礎知識 鉄道信号・保守編 (RSGMN)
読み:まくらぎ
外語:sleeper 英語
品詞:名詞
2001/01/24 作成
2008/03/02 更新

鉄道用のレールと地面(道床)の間に敷かれる板。

目次

レールにかかる列車の荷重を、薄く均等に地面に逃がす働きをする。

かつては木製のものが主に使われ、「枕木」と書かれていたのが語源である。

しかし最近ではコンクリート製を使う場合が大半となり、漢字と実態とが合わない場合が多くなってきた。このため最近では、「まくらぎ」とひらがなで書かれることが多い。まくらぎがコンクリート製でも、枕コンクリートとは言わないらしい。

主なまくらぎ、それに類するものに、次のようなものがある。

そして、道床、まくらぎ、軌条(レール)を合わせて軌道という。

コメントなどを投稿するフォームは、日本語対応時のみ表示されます


KisoDic通信用語の基礎知識検索システム WDIC Explorer Version 7.04a (27-May-2022)
Search System : Copyright © Mirai corporation
Dictionary : Copyright © WDIC Creators club