通信用語の基礎知識 IPv4
戻る
参加者募集中

ナイスパス

辞書:鉄道用語の基礎知識 鉄道編 (RAIL)
読み:ナイスパス
外語:nicepass 英語
品詞:商品名
2013/04/29 作成
2018/03/17 更新

遠州鉄道ICカード乗車券の愛称。ソニーが開発したFeliCaシステムを採用している。

  • 導入: 2004(平成16)年8月
  • カードタイプ: Cタイプ (FeliCa)
  • カード規格: 独自規格
  • ID番号: ET ([E]nsyu [T]etsudo)
  • 導入エリア: 遠州鉄道
  • 利用者数: 不明
  • 相互利用: 予定なし
  • 運賃支払い機能
    • プリペイド方式によるSF機能 (上限4万円、プレミア額別)
    • 定期券機能
  • カード種別
    • プリペイド券 (無記名式、記名式) SF機能
    • 定期券 (記名式) SF機能+定期券機能
  • デポジット: 500円
  • 会費等: 無料
  • 紛失時: 記名式のみ再発行可能 (再発行手数料は500円)
  • 電子マネー機能: なし
  • その他サービス: オートチャージ対応

遠州鉄道の鉄道線とバスで使えるカードである。

磁気カード「ETカード」の後継として登場したICカードである。

なお、ナイスパス導入に先立ち実証試験として使われていたカードは「EG1CARD」(イージーワンカード)と呼ばれていた。

利用可能地域

  • 遠州鉄道 (鉄道線と路線バス)
  • 遠鉄タクシー
  • く・る・る

販売額

最初のカードの価格は定められておらず、1000円から1万円まで、購入者が任意の値段をチャージして発行することができる。

このうち500円がデポジットとなる。

プレミアム額

チャージ時に、入金額に応じたプレミアム額が加算される。7000円までは10%還元だが、8000円以上では還元率が高くなる。つまり一度にたくさん入金する方が得となる。

一般カードと学生カードがあり、学生カードは一般カードより多いプレミアム額が加算される。以下は、一般カードの額である。

  • 1,000円積増 ‐ 1,100円 (+100円)
  • 2,000円積増 ‐ 2,200円 (+200円)
  • 3,000円積増 ‐ 3,300円 (+300円)
  • 4,000円積増 ‐ 4,400円 (+400円)
  • 5,000円積増 ‐ 5,500円 (+500円)
  • 6,000円積増 ‐ 6,600円 (+600円)
  • 7,000円積増 ‐ 7,700円 (+700円)
  • 8,000円積増 ‐ 9,000円 (+1,000円)
  • 9,000円積増 ‐ 10,150円 (+1,150円)
  • 10,000円積増 ‐ 11,300円 (+1,300円)

えんてつポイント

そのままではポイント還元等はないが、えんてつカードに入会すると、ポイントサービス「えんてつポイント」を受けることができるようになる。

電車・バスの乗車100円ごとに1ポイント加算されるほか、定期券購入額の1%がポイントとして加算される。

ポイントは、1ポイント1円として、10ポイント単位で、ナイスパスのプリペイド入金や定期券購入などに利用できる。

電子マネー

電子マネーには対応していない。

以下はすべて、独自解析情報による。特に明記しない限り、数値は全てビッグエンディアン(BE)である。

記録情報

暗号化されていない領域は次の通り。

  • システムコード: 040F
    • サービスコード: 020B (7ブロック) ‐ カード残額情報
    • サービスコード: 030F (20ブロック) ‐ 乗降履歴情報
    • サービスコード: 090B (16ブロック) ‐ (不明)
    • サービスコード: 0A0B (16ブロック) ‐ (不明)

暗号化された領域は次の通り。

  • システムコード: 040F
    • サービスコード: 0008 (ランダム・リード/ライト)
    • サービスコード: 000A (ランダム・リードオンリー)
    • サービスコード: 0108 (ランダム・リード/ライト)
    • サービスコード: 010A (ランダム・リードオンリー)
    • サービスコード: 0208 (ランダム・リード/ライト)
    • サービスコード: 030C (サイクリック・リード/ライト)
    • サービスコード: 0408 (ランダム・リード/ライト)
    • サービスコード: 040A (ランダム・リードオンリー)
    • サービスコード: 0508 (ランダム・リード/ライト)
    • サービスコード: 050A (ランダム・リードオンリー)
    • サービスコード: 0610 (パース・ダイレクト)
    • サービスコード: 0612 (パース・キャッシュバック/デクリメント)
    • サービスコード: 0616 (パース・リードオンリー)
    • サービスコード: 0708 (ランダム・リード/ライト)
    • サービスコード: 070A (ランダム・リードオンリー)
    • サービスコード: 0810 (パース・ダイレクト)
    • サービスコード: 0812 (パース・キャッシュバック/デクリメント)
    • サービスコード: 0816 (パース・リードオンリー)
    • サービスコード: 0908 (ランダム・リード/ライト)

カード残額情報

構成

カードの残額と、最終決済情報が格納されていると見られる。

  • システムコード: 040F
    • サービスコード: 020B (2ブロック)
    • サービスタイプ: ランダム・リードオンリー

1ブロック目

残高は1ポケット4バイトで、最大4ポケット存在する。フォーマットは最初の一つのみ記載するが全て共通である。

  • +0〜+3 (4バイト): ポケット1
    • +0〜+1 (2バイト): 残高(円)
    • +2〜+3 (2バイト)
      • 15〜12 (4ビット): プレミア種別(1・2・3・10・15を確認)
      • 11〜0 (12ビット): プレミアム残高(円)
  • +4〜+7 (4バイト): ポケット2
  • +8〜+B (4バイト): ポケット3
  • +C〜+F (4バイト): ポケット4

2ブロック目

  • +0〜+1 (2バイト): 利用年月日 [年/7ビット、月/4ビット、日/5ビット]
  • +2〜+3 (2バイト): 乗車時刻 [時/5ビット、分/6ビット、秒/5ビット] (秒は実際には使われていない模様)
  • +4〜+5 (2バイト): 降車時刻 [時/5ビット、分/6ビット、秒/5ビット] (秒は実際には使われていない模様)
  • +6 (1バイト): 処理内容
    • 7〜4 (4ビット): 装置等
      • 1=鉄道 乗車改札機
      • 2=鉄道 降車改札機
      • 5=バス
      • 7=窓口
      • 9=新規購入/窓口精算/ハンディ機精算
      • A=窓口(遠州鉄道?)
    • 3〜0 (4ビット): 処理内容
      • 0=キャンセル?
      • 1=乗車
      • 2=降車(均一単区間系統)
      • 3=降車
      • 7=精算(金額入力)?払い戻し?
      • 8=手動精算(整理券番号入力)
      • 9=新規購入、チャージ、払い戻し
      • B=手動精算 (+オートチャージ?)
      • E=精算
  • +7 (1バイト): (不明)
  • +8〜+9 (2バイト): 精算金額(10円単位)
  • +A〜+B (2バイト): 直前の残額(円)
  • +C〜+F (4バイト): 0x00 0x00 0x00 0x00 (不明)

3ブロック目

  • +0 (1バイト): フラグ?
    • 00=降車精算済?、キャンセル済?
    • 10=乗車中?
  • +1〜+3 (3バイト): (不明)
  • +4〜+5 (2バイト): 系統No
  • +6 (1バイト): 乗車 駅番号(鉄道)/整理券番号(バス)
  • +7 (1バイト): 降車 駅番号(鉄道)/整理券番号(バス)
  • +8 (1バイト): (不明)
  • +9〜+D (5バイト): 乗降停留所
    • ビット39〜20 (5ニブル): 乗車停留所
    • ビット19〜0 (5ニブル): 降車停留所
  • +E〜+F (2バイト): 連番

4ブロック目

  • +0〜+8 (8バイト): (不明)
  • +9〜+F (8バイト): 0x00 0x00 0x00 0x00 0x00 0x00 0x00 0x00 (不明)

5〜7ブロック目

全て0x00であり、使用されていない可能性がある。

  • +0〜+F (16バイト): (不明)
  • +0〜+F (16バイト): (不明)
  • +0〜+F (16バイト): (不明)

乗降履歴情報

1件1ブロック(16バイト)で、最新20件が記録される。

  • システムコード: 040F
    • サービスコード: 030F (20ブロック)
    • サービスタイプ: サイクリック・リードオンリー

各ブロックの内容

  • +0〜+1 (2バイト): 年月日 [年/7ビット、月/4ビット、日/5ビット]
  • +2 (1バイト): 降車時刻 [00:00からの通算分数÷10]
  • +3〜+4 (2バイト)
    • 鉄道: 改札機番号
    • バス: 車番
  • +5〜+9 (5バイト): 乗降停留所
    • ビット39〜20 (5ニブル): 乗車停留所
    • ビット19〜0 (5ニブル): 降車停留所
  • +A (1バイト): 処理内容
    • 7〜4 (4ビット): 装置等
      • 1=鉄道 乗車改札機
      • 2=鉄道 降車改札機
      • 5=バス
      • 7=窓口
      • 8=自動券売機
      • 9=新規購入/窓口精算/ハンディ機精算
      • A=窓口(遠州鉄道?)
    • 3〜0 (4ビット): 処理内容
      • 1=乗車
      • 2=降車(均一単区間系統)
      • 3=降車、乗車券購入
      • 4=手動精算 (複数人精算)
      • 7=精算(金額入力)?払い戻し?
      • 8=手動精算 (整理券番号入力)
      • 9=新規購入、チャージ、返金
      • A=チャージ
      • B=オートチャージ
      • E=精算
  • +B〜+C (2バイト): 利用金額
    • 15〜12 (4ビット): 金額種別?
    • 11〜0 (12ビット): 金額(符号付き、10円単位)
  • +D〜+E (2バイト): 残額(円)
  • +F (1バイト): (不明)

コメントなどを投稿するフォームは、日本語対応時のみ表示されます


KisoDic通信用語の基礎知識検索システム WDIC Explorer Version 7.03 (16-May-2019)
Search System : Copyright © Mirai corporation
Dictionary : Copyright © WDIC Creators club