通信用語の基礎知識 IPv4
戻る
参加者募集中

ロングシート

辞書:鉄道用語の基礎知識 鉄道編 (RAIL)
読み:ロングシート
外語:long seat 英語
発音:lɔ́(:)ŋ ʃì:t 英語
品詞:名詞

記事の有効期限について

この記事は更新履歴情報のない、旧形式項目です。久しく更新されておらず、古い記述を含む可能性があります。

更新すべき内容を見つけた場合は、ページ末の報告フォームよりお知らせください。また、現在当サイトは編集仲間を求めています

座席配列の一。

ドアからドア、またはドアから車端まで、線路方向と平行に長いシートを設置した座席の配列。通常は10人掛け、または7人掛けである。

都市圏の通勤車などに多用される。クロスシートと比べて詰め込みが利くという利点があるが、座席数が少なく、景色を楽しむことが難しいので、地方線区では歓迎されないという欠点もある。

このような特性を無視して、どこもかしこもロングシートにしてしまう会社も一部にあり、大きな批判を受けている。

関連する用語
東日本旅客鉄道
通勤形
クロスシート

コメントなどを投稿するフォームは、日本語対応時のみ表示されます


KisoDic通信用語の基礎知識検索システム WDIC Explorer Version 7.03 (16-May-2019)
Search System : Copyright © Mirai corporation
Dictionary : Copyright © WDIC Creators club