通信用語の基礎知識 IPv4
戻る
全国のICカードこれひとつ

体質改善工事

辞書:鉄道用語の基礎知識 JR編 (RJR)
読み:たいしつかいぜんこうじ
品詞:名詞

記事の有効期限について

この記事は更新履歴情報のない、旧形式項目です。久しく更新されておらず、古い記述を含む可能性があります。

更新すべき内容を見つけた場合は、ページ末の報告フォームよりお知らせください。また、現在当サイトは編集仲間を求めています

JR西日本が行なっている、車両の延命工事。

JR西日本の試算によると、現在の車両保有数を車両新造数で単純に割り算すると、1両を平均40年以上使用する必要があるが、通常は車両の寿命は20〜30年程度とされている。そこで、車両の寿命を40年以上とするため、古い車両を対象に順次行なっている工事。

主に腐食部分をアルミなどの腐食しない新材料に取り替えたり、車体構造を根本的に考え直して腐食しないように変更したりすることが主である。また、アコモデーション改造なども同時に行なわれることもあり、新型車で開発した技術も積極的に導入している。

従来同社が行なっていた "N40延命工事" を発展させたものである。

コメントなどを投稿するフォームは、日本語対応時のみ表示されます


KisoDic通信用語の基礎知識検索システム WDIC Explorer Version 7.03 (16-May-2019)
Search System : Copyright © Mirai corporation
Dictionary : Copyright © WDIC Creators club