通信用語の基礎知識 IPv4
戻る
参加者募集中

往復割引

辞書:鉄道用語の基礎知識 鉄道法規編 (RLAW)
読み:おうふくわりびき
外語:special discount for going and returning 英語
品詞:名詞

記事の有効期限について

この記事は更新履歴情報のない、旧形式項目です。久しく更新されておらず、古い記述を含む可能性があります。

更新すべき内容を見つけた場合は、ページ末の報告フォームよりお知らせください。また、現在当サイトは編集仲間を求めています

同じコースを往復する場合に運賃を割り引く制度のこと。

JRの場合、片道601km以上を同じ経路で往復する場合、行き帰りの運賃がそれぞれ1割引となる。

ただし運賃表をよく見ると、往復割引を適用した601kmの運賃は、541kmの運賃より安いので、541km〜600kmのところを往復する場合は、わざと601kmぐらいの距離の地点まで往復切符を買った方が安くなる。この例には、東京〜大阪往復などが当てはまる。

関連する用語
JR
運賃
乗車券
往復乗車券

コメントなどを投稿するフォームは、日本語対応時のみ表示されます


KisoDic通信用語の基礎知識検索システム WDIC Explorer Version 7.03 (16-May-2019)
Search System : Copyright © Mirai corporation
Dictionary : Copyright © WDIC Creators club