通信用語の基礎知識 IPv4
戻る
参加者募集中

相互乗り入れ

辞書:鉄道用語の基礎知識 鉄道編 (RAIL)
読み:そうごのりいれ
外語:through service 英語
品詞:名詞

記事の有効期限について

この記事は更新履歴情報のない、旧形式項目です。久しく更新されておらず、古い記述を含む可能性があります。

更新すべき内容を見つけた場合は、ページ末の報告フォームよりお知らせください。また、現在当サイトは編集仲間を求めています

違う会社の車両が、お互いに相手方の会社へ乗り入れる形態。京急〜都営〜京成の乗り入れが世界初となり、その後世界各地に広まった。

会社接続駅での乗り換えが無くなるという利点がある。

厳密には、相手方の車両が自社線を走った分だけ、車両使用料などを相手方に支払わなければならないが、お互いに同じだけ相手方の路線を走るように調整して、これを相殺している場合がほとんどである。

関連する用語
京成電鉄
京浜急行電鉄
都営地下鉄

コメントなどを投稿するフォームは、日本語対応時のみ表示されます


KisoDic通信用語の基礎知識検索システム WDIC Explorer Version 7.03 (16-May-2019)
Search System : Copyright © Mirai corporation
Dictionary : Copyright © WDIC Creators club