通信用語の基礎知識 IPv4
戻る
参加者募集中

重要部検査

辞書:鉄道用語の基礎知識 鉄道信号・保守編 (RSGMN)
読み:じゅうようぶけんさ
外語:intermediate inspection 英語
品詞:名詞

記事の有効期限について

この記事は更新履歴情報のない、旧形式項目です。久しく更新されておらず、古い記述を含む可能性があります。

更新すべき内容を見つけた場合は、ページ末の報告フォームよりお知らせください。また、現在当サイトは編集仲間を求めています

鉄道車両に対して行なう定期的な検査。

故障したら大事故に繋がるような、台車等の解体検査と修繕を主に行なう。検査は主に工場で行なわれるが、最近は車両基地で行なわれる例も多い。

国土交通省の告示で実施が定められているが、実施周期は車種によって異なり、電車は60万キロ走行または4年、新幹線電車は制御方式や製造年数によって45万〜60万キロ走行または1年6月〜2年6月、気動車は方式によって25万〜50万キロ走行または4年など、車種によって周期が異なっている。

JRでは "中間検査" と呼ぶものがこれに当たる。

コメントなどを投稿するフォームは、日本語対応時のみ表示されます


KisoDic通信用語の基礎知識検索システム WDIC Explorer Version 7.03 (16-May-2019)
Search System : Copyright © Mirai corporation
Dictionary : Copyright © WDIC Creators club