通信用語の基礎知識 IPv4
戻る
参加者募集中

鉄道唱歌

辞書:鉄道用語の基礎知識 鉄道編 (RAIL)
読み:てつどうしょうか
品詞:商品名

記事の有効期限について

この記事は更新履歴情報のない、旧形式項目です。久しく更新されておらず、古い記述を含む可能性があります。

更新すべき内容を見つけた場合は、ページ末の報告フォームよりお知らせください。また、現在当サイトは編集仲間を求めています

鉄道沿線のさまざまな風景や歴史が歌いこまれた流行歌。1900(明治33)年誕生。

"汽笛一声新橋を…" で始まるこの歌は、大和田建樹(おおわだ たけき)作詞、上真行(うえ さねつら)、多梅雅(おおのうめ わか)作曲。全5集からなっており、第1集が東海道、第2集が山陽九州、第3集が奥州磐城、第4集が北陸、第5集は関西参宮南海各線、となっている。ちなみに東海道編は、66番まである。

発売された当時はラジオが普及する前であり、国民は娯楽として競って歌集を買い求め、約20年間で2000万部が発行されたという。現在もメロディが特急の車内放送のチャイムで使われたり、テレビ番組やビデオで紹介されるなど、今なお人々の間で愛されている歌の一つである。

関連するリンク
鉄道唱歌データベース
関連する用語
特急
テレビ

コメントなどを投稿するフォームは、日本語対応時のみ表示されます


KisoDic通信用語の基礎知識検索システム WDIC Explorer Version 7.03 (16-May-2019)
Search System : Copyright © Mirai corporation
Dictionary : Copyright © WDIC Creators club