通信用語の基礎知識 IPv4
戻る
全国のICカードこれひとつ

FRP

辞書:鉄道用語の基礎知識 鉄道技術編 (RTECH)
読み:エフアールピー
外語:FRP: Fiber Reinfoced Plastics 英語
発音:éf á:r pí: 英語
品詞:名詞

記事の有効期限について

この記事は更新履歴情報のない、旧形式項目です。久しく更新されておらず、古い記述を含む可能性があります。

更新すべき内容を見つけた場合は、ページ末の報告フォームよりお知らせください。また、現在当サイトは編集仲間を求めています

繊維強化プラスチック。

プラスチックにガラス繊維などを混ぜて強度を上げたもの。型にはめて作るため、同じ形のものを大量に作ることができ、強度もそれなりにあるという利点があり、自動車や船、鉄道車両などの複雑なデザインを作るときに多用される。

FRPにはポリエステル系FRPとフェノール系FRPの2種類がある。ポリエステル系FRPは比較的加工が容易で、日本で一般的に使用されているが、炎と大量の黒煙を出して燃えるという特徴がある。一方フェノール系FRPは不燃性だが、成形後の塗装が必要で、変形やソリ返りが起きやすいという欠点がある。しかし最近は技術の向上で、変形やソリ返りが少なくなってきた。

日本の鉄道車両では、列車の先頭部などにフェノール系FRPが多用されている。

関連する用語
車両

コメントなどを投稿するフォームは、日本語対応時のみ表示されます


KisoDic通信用語の基礎知識検索システム WDIC Explorer Version 7.04 (07-Mar-2021)
Search System : Copyright © Mirai corporation
Dictionary : Copyright © WDIC Creators club