通信用語の基礎知識 IPv4
戻る
参加者募集中

NicoPa

辞書:鉄道用語の基礎知識 鉄道編 (RAIL)
読み:ニコパ
外語:NicoPa 英語
品詞:商品名
2013/04/30 作成
2018/05/15 更新

神姫バスグループのICカード乗車券の愛称。ソニーが開発したFeliCaシステムを採用している。

  • 導入: 2006(平成18)年1月20日
  • カードタイプ: Cタイプ (FeliCa)
  • カード規格: 独自規格
  • ID番号: SH ([S][h]inki bus)
  • 導入エリア: 神姫バス・神姫ゾーンバス、およびウエスト神姫・神姫グリーンバス・山陽バスの各一部地域
  • 利用者数: 不明
  • 相互利用: 予定なし
  • 運賃支払い機能
    • プリペイド方式によるSF機能 (プレミアム額を除き上限2万円)
    • 定期券機能
  • カード種別
    • NicoPaプリペイド券 (無記名式、記名式) SF機能
    • NicoPa定期券 (記名式) SF機能+定期券機能
  • デポジット: 500円 (NicoPaClub入会で無料)
  • 会費等: 無料
  • 紛失時: 記名式のみ再発行可能 (再発行手数料200円または500円)
  • 電子マネー機能: なし
  • その他サービス: NicoPaClub

カードの目的

兵庫県姫路市を拠点とする、神姫バスグループの路線バスで使えるバスカードである。

名称は、素敵(Nice)で知性(Intelligence)と便利さ(Convenience)を備えた独自(Original)のパス(Pass)の頭文字、とされている。

神姫バスグループでは他にPiTaPaICOCAが利用できるが、NicoPaは専用カードでありプレミアム額があることが利点であり特徴となる。

種類

自治体発行の優待乗車証類が存在する。

  • 普通のNicoPa
  • 姫路市 高齢者バス優待乗車証
  • 姫路市 障害者バス優待乗車証

沿革

  • 2006(平成18)年1月20日: 導入開始
  • 2012(平成24)年12月: モバイルNicoPaサービス終了
  • 2014(平成26)年4月: 姫路市が高齢者・障害者バス優待乗車証としてNicoPaを採用

利用可能地域

以下の路線で対応する。

  • 神姫バス
  • 神姫ゾーンバス
  • 神姫グリーンバスの丹波篠山地区
  • ウエスト神姫の相生地区・山崎地区
  • 山陽バスの明石線(明石駅〜朝霧駅間)

路線バス以外、つまり、高速バス、一部路線を除くコミュニティバスなどでは使用できない。

利用の流れ

購入方法

いかのいずれかで購入できる。

  • 窓口で購入する
    • 神姫バスの取扱窓口
    • 神姫ゾーンバスの取扱窓口
    • 神姫グリーンバス(丹波篠山地区)の取扱窓口
    • ウエスト神姫(相生地区)の取扱窓口
  • 神姫バス通販サイトで購入する
  • 神姫バスから電話申し込みで購入する

窓口は主要な駅やバスターミナルにあり、例えば、姫路駅、相生駅、加古川駅、明石駅、大久保駅、西神中央駅、三田駅、新三田駅などの駅前にある案内所や、JR三ノ宮駅東口にある三ノ宮バスターミナルなどで購入できる。

利用方法

神姫バスグループの路線バスは原則として後ろから乗車して前から降車(例外として高速バス車両を使用する路線は乗降ともに前)、降車時に精算する可変運賃式である。

従って、乗車時は整理券を取る代わりにカード読み取り機にタッチし、降車時には精算機にタッチして精算する。

チャージ方法

1,000円単位で2万円までチャージできる。

  • 自動チャージ機
    • 姫路バスターミナル
    • 明石駅前案内所
    • 西神中央駅前案内所
    • 姫路バス三ノ宮バスターミナル
    • 神戸学院大学プレイガイドQ有瀬店
    • 新三田駅前案内所
  • バス車内 (1,000円/2,000円/3,000円)

    チャージ時に「普通」か「徳用」かと金額を乗務員に知らせ、チャージ操作をしてもらう。

    チャージは1000円札のみ。2000円札以上の紙幣と、硬貨は使用できない。

    チャージは停車中のみ。また領収書は発行されない。

販売額

初回のカードは2000円から1万円まで1000円単位で購入可能。うち500円がデポジットである。

なお、ポイントサービス「NicoPa Club」に同時加入するとデポジットは不要である。

プレミアム額

普通プリペイド券は10%、平日昼間と土日祝のみ使える徳用プリペイド券は30%のプレミアム額がある。

1枚のNicoPaに両方をチャージすることが可能で、徳用時間帯は自動的に徳用から優先的に精算される。

徳用

「徳用」は、毎日9:30から16:00の間に降車する場合と、および土日祝日ダイヤ運行時の終日のバス、および盆(8/12〜8/16)と年末年始(12/25〜1/7)に限り利用できるチャージである。

当該の時間帯のバスでは、自動的に「普通」チャージ額から差し引かれる。

「普通」チャージ額が不足(または無い)場合は、差額を通常から自動的に差し引く。

利用時間が限られるが、該当する時間帯に乗車することが多い場合は、「徳用」でチャージしておくとプレミアム額が高い分お得である。

その他特典

  • 乗り継ぎ割引

    60分以内(降車から次の乗車まで)乗り継いだ場合、特殊な運賃エリアを除き、大人80円、子供40円割引

  • 見せトク (詳細後述)

電子マネー

NicoPa自体は電子マネーには対応していない。

但し、カードを「見せる」と割引される特典「見せトク」が実施されている。

様々な業態で割り引きサービスが提供されており、沿線住民は持っているだけで確実に得するカードと言える。

ママスコットは白い鳥で「ニコパちゃん」と言う。

鳩くらいのサイズなのかと思いきや、設定上は、身長153cm、体重25.8kgとのことである。体重は無理があるが、身長は完全に着ぐるみ姿であることが前提となっている。

以下はすべて、独自解析情報による。特に明記しない限り、数値は全てビッグエンディアン(BE)である。

記録情報

暗号化されていない領域は次の通り。

  • システムコード: 8287
    • サービスコード: 804B (2ブロック) ‐ カード発行者情報
    • サービスコード: 884B (3ブロック) ‐ カード残額情報
    • サービスコード: 898F (20ブロック) ‐ 乗降履歴情報
    • サービスコード: 8BCB (3ブロック) ‐ カード所有者情報
    • サービスコード: 924B (12ブロック) ‐ (不明)
  • システムコード: FE00
    • サービスコード: 394B (1ブロック) (ランダム・リードオンリー)
    • サービスコード: 398B (16ブロック) (ランダム・リードオンリー)
    • サービスコード: 39C9 (6ブロック) (ランダム・リード/ライト)

暗号化された領域は次の通り。

  • システムコード: 8287
    • サービスコード: 8048 (ランダム・リード/ライト)
    • サービスコード: 804A (ランダム・リードオンリー)
    • サービスコード: 8088 (ランダム・リード/ライト)
    • サービスコード: 808A (ランダム・リードオンリー)
    • サービスコード: 8848 (ランダム・リード/ライト)
    • サービスコード: 884A (ランダム・リードオンリー)
    • サービスコード: 898C (サイクリック・リード/ライト)
    • サービスコード: 898E (サイクリック・リードオンリー)
    • サービスコード: 8AC8 (ランダム・リード/ライト)
    • サービスコード: 8ACA (ランダム・リードオンリー)
    • サービスコード: 8BC8 (ランダム・リード/ライト)
    • サービスコード: 8BCA (ランダム・リードオンリー)
    • サービスコード: 9248 (ランダム・リード/ライト)
    • サービスコード: 924A (ランダム・リードオンリー)
  • システムコード: FE00
    • サービスコード: 3948 (ランダム・リード/ライト)
    • サービスコード: 3988 (ランダム・リード/ライト)

現時点で「NicoPaプリペイド券」しか調査できていない。「NicoPa定期券」の情報は、謎のサービスコード924Bに入るかも知れないし、他の暗号化エリアかもしれない。

カード発行者情報

カード発行者と、カードそのものの情報が格納されていると見られる。

  • システムコード: 8287
    • サービスコード: 804B (2ブロック)
    • サービスタイプ: ランダム・リードオンリー

1ブロック目

  • +0〜+1 (2バイト): 0x0E 0x33 ‐ 0x0e33 はサイバネ規格で神姫バスの会社ID
  • +2〜+3 (2バイト): 0x00 0x01 ‐ (不明)
  • +4〜+5 (2バイト): 0xE0 0x00 ‐ (不明)
  • +6〜+7 (2バイト): 0x00 0x00 ‐ (不明)
  • +8〜+9 (2バイト): 0x00 0x00 ‐ (不明)
  • +A〜+B (2バイト): 0x03 0x00 ‐ (不明)
  • +C〜+D (2バイト): 0x00 0x80 ‐ (不明)
  • +E〜+F (2バイト): 0xC0 0x00 ‐ (不明)

2ブロック目

  • +0〜+1 (2バイト): カード発行日 [年/7ビット、月/4ビット、日/5ビット]
  • +2〜+3 (2バイト): 0x18 0x00 ‐ (不明)
  • +4〜+5 (2バイト): 0x00 0x00 ‐ (不明)
  • +6〜+7 (2バイト): 0x00 0x00 ‐ (不明)
  • +8〜+9 (2バイト): 0x00 0x00 ‐ (不明)
  • +A〜+B (2バイト): (不明)
  • +C〜+F (4バイト): カード固有の8桁の数字 (BCD形式)

カード残額情報

3ブロック(48バイト)用意されている。

  • システムコード: 8287
    • サービスコード: 884B (3ブロック)
    • サービスタイプ: ランダム・リードオンリー

1ブロック目 (順番はチャージ順により変動するので注意。以下は一例)

  • +0〜+3 (4バイト): 普通残高(新規)
    • +0〜+1 (2バイト): 普通残高(円)
    • +2〜+3 (2バイト)
      • 15〜12 (4ビット): プレミア種別? (4)
      • 11〜0 (12ビット): 普通プレミアム残高(円)
  • +4〜+7 (4バイト): 徳用チャージ残高
    • +4〜+5 (2バイト): 徳用チャージ残高(円)
    • +6〜+7 (2バイト)
      • 15〜12 (4ビット): プレミア種別? (8)
      • 11〜0 (12ビット): 徳用プレミアム残高(円)
  • +8〜+B (4バイト): 普通チャージ残高
    • +8〜+9 (2バイト): 普通チャージ残高(円)
    • +A〜+B (2バイト)
      • 15〜12 (4ビット): プレミア種別? (2)
      • 11〜0 (12ビット): 普通プレミアム残高(円)
  • +C〜+F (4バイト): 全部0x00 ‐ (不明)

2ブロック目

  • +0〜+F (16バイト): 全部0x00 ‐ (不明)

3ブロック目

  • +0〜+F (16バイト): 全部0x00 ‐ (不明)

この領域は、一つの金額用途ごとに4バイトを使うことが想定され、12通りの使い方が可能な設計になっているのかもしれない。

最初に普通にチャージして新規作成すると種別4で1500円+プレミアムで登録されたが、その後徳用で1000円チャージしたときに8、更に普通で1000円チャージしたときに2で新規追加された。特割で新規作成した場合にどのような番号が付くのかは不明である。

種別番号の使い分けについては不明である。

乗降履歴情報

1件1ブロック(16バイト)で、最新20件が記録される。

  • システムコード: 8287
    • サービスコード: 898F (20ブロック)
    • サービスタイプ: サイクリック・リードオンリー

各ブロックの内容

  • +0〜+1 (2バイト): 年月日 [年/7ビット、月/4ビット、日/5ビット]
  • +2〜+4 (3バイト): 乗降時刻
    • 23〜12 (12ビット): 乗車時刻 [時/6ビット、分/6ビット、0x000=時刻なし]
    • 11〜0 (12ビット): 降車時刻 [時/6ビット、分/6ビット、0x000=時刻なし]
  • +5〜+6 (2バイト): 乗車停留所 (新規やチャージ機でのチャージは 0000)
  • +7〜+8 (2バイト): 降車停留所 (新規やチャージ機でのチャージは 0000)
  • +9 (1バイト): 処理内容
    • 7〜4 (4ビット): 装置等
      • 5=車載機
      • 7=窓口処理機
      • 8=チャージ機
    • 3〜0 (4ビット): 処理内容
      • 3=多区間運賃制(降車時後払い運賃)
      • 8=手動精算 (整理券番号入力)
      • 9=チャージ
      • A=新規
      • C=定期券更新
      • D=乗り継ぎ割引
      • E=車内チャージ?
      • F=???
  • +A〜+B (2バイト): 利用金額
    • 15〜12 (4ビット): 金額種別 (0=支払、2=通常チャージ、4=新規通常、8=徳用チャージ)
    • 11〜0 (12ビット): 金額(10円単位)
  • +C〜+D (2バイト): 徳用利用金額(10円単位)
  • +E〜+F (2バイト): 残額総計(10円単位)

普通残高および徳用残高は、チャージ時点でプレミアム額を含めてカードに記録される。

徳用のチャージは、+A〜+Bに書き込まれ、+E〜+Fは「普通」「徳用」の総計となる。+C〜+Dは徳用を利用した場合のみ書き込まれる。

通常精算時は+A〜+Bに金額、徳用のみで精算時は+A〜+Bは0で+C〜+Dに金額、徳用残高が不足し通常と同時に精算された場合は+A〜+Bは通常から差し引いた額、+C〜+Dは徳用から差し引いた額となる。

カード所有者情報

定期券または記名式カードの場合、利用者の情報が記録されている。

  • システムコード: 8287
    • サービスコード: 8BCB (3ブロック)
    • サービスタイプ: ランダム・リードオンリー

1ブロック目

  • +0〜+F (16バイト): 利用者名 (半角カナ、空きは空白文字 0x20 で埋める)

2ブロック目

  • +0〜+7 (8バイト): 利用者の電話番号 (BCD形式、空きは 0xF で埋める)
  • +8〜+A (3バイト): 利用者の誕生日等
    • 23〜16 (8ビット): 不明
    • 15〜9 (7ビット): 年(西暦下2桁)
    • 8〜5 (4ビット): 月
    • 4〜0 (5ビット): 日
  • +B〜+F (5バイト): 0x3F 0x00 0x00 0x00 0x00 ‐ 不明

3ブロック目

  • +0〜+F (16バイト): 全部0x00 ‐ (不明)

コメントなどを投稿するフォームは、日本語対応時のみ表示されます


KisoDic通信用語の基礎知識検索システム WDIC Explorer Version 7.03 (16-May-2019)
Search System : Copyright © Mirai corporation
Dictionary : Copyright © WDIC Creators club