通信用語の基礎知識 IPv4
戻る
参加者募集中

Μ-3H

辞書:科学用語の基礎知識 天文学ロケット編 (UROCKET)
読み:ミュースリーエイチ
外語:M-3H 英語
品詞:固有名詞
2003/05/15 作成
2006/02/22 更新

東京大学宇宙航空研究所(後の宇宙科学研究所(ISAS))が開発した三段式固体燃料ロケットで、ミューロケットの第2世代後期。

Μ-3Cの後継で、第1段の長さを伸ばして推進剤を増やし、運搬可能なペイロード重量を増やした。それ以外の基本的な部分はΜ-3Cと同様である。

低軌道へ300kgのペイロードを運ぶことができた。

実績

3回の打ち上げ全てに成功し、次の衛星を打ち上げている。

  • 1977(昭和52)年2月19日 1号機(M-3H-1) たんせい3(MS-T3) 成功 (国際標識1977-012A)
  • 1978(昭和53)年2月4日 2号機(M-3H-2) きょっこう(EXOS-A) 成功 (国際標識1978-014A)
  • 1978(昭和53)年9月16日 3号機(M-3H-3) じきけん(EXOS-B) 成功 (国際標識1978-87A)
関連するリンク
http://www.isas.jaxa.jp/j/enterp/rockets/vehicles/mu/m3h.shtml
用語の所属
ミューロケット
3H
関連するロケット
Μ-3C

コメントなどを投稿するフォームは、日本語対応時のみ表示されます


KisoDic通信用語の基礎知識検索システム WDIC Explorer Version 7.03 (16-May-2019)
Search System : Copyright © Mirai corporation
Dictionary : Copyright © WDIC Creators club