通信用語の基礎知識 IPv4
戻る
参加者募集中

エリダヌス座

辞書:科学用語の基礎知識 天文学天体用語編 (USTLY)
読み:エリダヌスざ
外語:Eri: Eridanus 学名 , Eridan/o エスペラント
品詞:固有名詞

記事の有効期限について

この記事は更新履歴情報のない、旧形式項目です。久しく更新されておらず、古い記述を含む可能性があります。

更新すべき内容を見つけた場合は、ページ末の報告フォームよりお知らせください。また、現在当サイトは編集仲間を求めています

冬の星座。オリオン座の西にあり、3〜4等星が点々と連なる南北に細長い星座である。

α星アケルナル、θ星アカマル、ο2星ケイド

ギリシャ神話では、太陽神アポロンと妖精クリュメネの間にできた息子のファエトンが、4頭の馬に引かれた太陽の二輪車の運転を誤って転落し、命を落としたエリダヌス川が星座になったものとされる。

このエリダヌスとは、イタリアのポー川の古名エーリダノス川に由来している。

代表的な恒星
┏━━━┳━━━━━━━┳━━━━━━━━━━━┳━━━━━━━┓
┃ 名前 ┃等級     型   ┃ 赤経 (J2000.0) 赤緯  ┃HD番号  HR番号┃
┣━━━╋━━┳━━━━╋━━━━━┯━━━━━╋━━━┯━━━┫
┃αEri ┃ 0.5┃B3Ⅴpe  ┃01h 37.7m │−57°14′ ┃10144 │472   ┃
┃βEri ┃ 2.8┃A3Ⅲ    ┃05h 07.8m │−05°05′ ┃33111 │1666  ┃
┃γEri ┃ 3.0┃        ┃03h 58.0m │−13°31′ ┃25025 │1231  ┃
┃δEri ┃ 3.5┃        ┃03h 43.2m │−09°46′ ┃23249 │1136  ┃
┃εEri ┃ 3.7┃K2Ⅴe   ┃03h 32.9m │−09°27′ ┃22049 │1084  ┃
┃ζEri ┃ 4.8┃        ┃03h 15.8m │−08°49′ ┃20320 │984   ┃
┃ηEri ┃ 3.9┃        ┃02h 56.5m │−08°54′ ┃18322 │874   ┃
┃θ1Eri┃ 3.2┃        ┃02h 58.3m │−40°18′ ┃18622 │897   ┃
┃θ2Eri┃ 4.3┃        ┃02h 58.3m │−40°18′ ┃18623 │898   ┃
┃ο1Eri┃ 4.0┃        ┃04h 11.9m │−06°50′ ┃26574 │1298  ┃
┃ο2Eri┃ 4.4┃        ┃04h 16.3m │−07°39′ ┃26965 │1325  ┃
┃τ1Eri┃ 4.5┃        ┃02h 45.1m │−18°34′ ┃17206 │818   ┃
┃τ2Eri┃ 4.8┃        ┃02h 51.0m │−21°00′ ┃17824 │850   ┃
┃υ1Eri┃ 4.5┃        ┃04h 33.5m │−29°46′ ┃29085 │1453  ┃
┃υ2Eri┃ 3.8┃        ┃04h 33.5m │−30°34′ ┃29291 │1464  ┃
┗━━━┻━━┻━━━━┻━━━━━┷━━━━━┻━━━┷━━━┛
関連する用語
アケルナル
アカマル
ケイド

コメントなどを投稿するフォームは、日本語対応時のみ表示されます


KisoDic通信用語の基礎知識検索システム WDIC Explorer Version 7.03 (16-May-2019)
Search System : Copyright © Mirai corporation
Dictionary : Copyright © WDIC Creators club