通信用語の基礎知識 IPv4
戻る
参加者募集中

エルフレ式

辞書:科学用語の基礎知識 天文学・機材編 (UASTE)
読み:エルフレしき
外語:Erfle 英語
品詞:名詞
2003/07/12 作成
2014/06/29 更新

接眼鏡の一つ。略称 "E" または "Er"。

ドイツの光学機器メーカーであるカール・ツァイス社の技師だったハインリッヒ・エルフレが軍用に開発したもの。超広角視野を要する双眼鏡用として発明された低倍率専用接眼鏡である。

エルフレが1917(大正6)年以降に多くの光学系を発表しているため、エルフレ式と呼ばれる配列にはいくつものパターンが存在する。通常は、3群5枚または3群6枚の構成が一般的で、各群は凸レンズ凹レンズの組合せもしくは両凸レンズ1枚。いずれも、60°〜70°程度の視界を確保している。

用語の所属
接眼鏡

コメントなどを投稿するフォームは、日本語対応時のみ表示されます


KisoDic通信用語の基礎知識検索システム WDIC Explorer Version 7.03 (16-May-2019)
Search System : Copyright © Mirai corporation
Dictionary : Copyright © WDIC Creators club