通信用語の基礎知識 IPv4
戻る
全国のICカードこれひとつ

カテナン

辞書:科学用語の基礎知識 化学物質構造編 (NSUBYS)
読み:カテナン
外語:Catenane 英語
品詞:名詞

記事の有効期限について

この記事は更新履歴情報のない、旧形式項目です。久しく更新されておらず、古い記述を含む可能性があります。

更新すべき内容を見つけた場合は、ページ末の報告フォームよりお知らせください。また、現在当サイトは編集仲間を求めています

分子の環が鎖のように連結した構造のこと。ラテン語のcatena(鎖)に由来する。

IUPACでは鎖がn個繋がると[n]カテナンと呼ぶ。例えばオリンピックの五輪は[5]カテナンである。

このカテナンの環と環の間に化学結合は存在しない。しかし、両者は鎖のように繋がっているために、環をバラバラにすることはできないという特徴がある。

このような結合がないにも関わらず複数のサブユニットで一分子というものは、既存の構造式の表現法(平面構造式)では表現できず、新たな表現方法が求められている。

コメントなどを投稿するフォームは、日本語対応時のみ表示されます


KisoDic通信用語の基礎知識検索システム WDIC Explorer Version 7.03 (16-May-2019)
Search System : Copyright © Mirai corporation
Dictionary : Copyright © WDIC Creators club