通信用語の基礎知識 IPv4
戻る
参加者募集中

ゴキジェットプロ

辞書:科学用語の基礎知識 化学物質名・毒物編 (NSUBNP)
読み:ゴキジェットプロ
品詞:名詞
2016/03/19 作成
2016/06/13 更新

アース製薬のゴキブリ殺虫剤の一つ。市販品の中ではほぼ最強とされている。

緑缶と黒缶があるが、黒缶は医薬品(第2類医薬品)の扱いであり、ドラッグストアや薬局でしか購入できない上に価格も少し高い。

緑缶が通常のもので、黒缶はそれに「まちぶせ効果」が加えられた製品であるとされている。「まちぶせ効果」は、あらかじめゴキブリが通りそうなところに噴射しておくことで、実際にゴキブリが通った時に駆除できるという機能である。

緑缶

  • イミプロトリン(ピレスロイド系)

黒缶

  • イミプロトリン(ピレスロイド系)
  • メトキサジアゾン(オキサジアゾール系)

イミプロトリン

ゴキジェットプロは、「1秒でも早くゴキブリの動きを止める」ことを目的として開発された。

シリーズに共通するのは、ピレスロイドの「イミプロトリン」を有効成分とすることである。

それまでのゴキブリ用殺虫剤は、噴射してからゴキブリが動かなくなるまで1分以上掛かるのが当然で、「ゴキブリが死ぬ前にどこかに行ってしまう」ことも多々あり、ゴキブリの死骸が確認できないことがあった。

有効成分のイミプロトリンはゴキブリの神経を麻痺させるため、比較的早期に動かなくなるほか、神経を麻痺させるため飛翔能力を奪う。なお逃げるゴキブリも動きは鈍くなっていることから、噴射を続けていれば必ず倒すことができる。

黒缶

黒缶の「まちぶせ効果」は、オキサジアゾール系の「メトキサジアゾン」が使われている。

このメトキサジアゾンは、アース製薬の「アースレッドプロ」やライオンの「バルサン」にも使われている成分である。

用語の所属
殺虫剤
関連する用語
ゴキブリ

コメントなどを投稿するフォームは、日本語対応時のみ表示されます


KisoDic通信用語の基礎知識検索システム WDIC Explorer Version 7.03 (16-May-2019)
Search System : Copyright © Mirai corporation
Dictionary : Copyright © WDIC Creators club