通信用語の基礎知識 IPv4
戻る
全国のICカードこれひとつ

ニクロム線

辞書:科学用語の基礎知識 工学系技術編 (NENGI)
読み:にくろむせん
品詞:名詞
2021/03/02 作成

ニクロム(ニッケルとクロムの合金)を用いた発熱素子で、電熱線の代表。ニッケルクロム合金線。

電気こんろや電気ストーブなどの発熱線としてよく使われている。

ニクロムの性質はニッケルの比率によって差があるが、融点は1400℃程度である。

現在では、よりよい合金としてカンタル合金(鉄・クロム・アルミ合金)の電熱線が広く使われている。

用語の所属
電熱線

コメントなどを投稿するフォームは、日本語対応時のみ表示されます


KisoDic通信用語の基礎知識検索システム WDIC Explorer Version 7.04a (27-May-2022)
Search System : Copyright © Mirai corporation
Dictionary : Copyright © WDIC Creators club