通信用語の基礎知識 IPv4
戻る
参加者募集中

ハイパーカミオカンデ

辞書:科学用語の基礎知識 素粒子・用語編 (NPARTY)
読み:ハイパーカミオカンデ
外語:Hyper KAMIOKA-NDE: Hyper Kamioka Nucleon Decay Experiment 英語
品詞:その他地名
2015/12/31 迄有効

記事の有効期限について

この記事は、2015/12/31に有効期限が切れています。

この記事は既に古い記述を含みますが、まだある程度の事実を含んでおり、参考として利用できます。

更新すべき内容を見つけた場合は、ページ末の報告フォームよりお知らせください。

岐阜県飛騨市神岡町の神岡鉱山地下に建設が予定されている東京大学宇宙線研究所の陽子崩壊観測施設。2025(令和7)年の実験開始が目指されている。

巨大な水槽に百万トンの純水がたくわえられており、内側には高精度な光センサーが取りつけられている。この水中で陽子が崩壊したときに発生するチェレンコフ光を観測する。

この実験は理論的には予想されている陽子崩壊を証明し、宇宙のすべての物質はやがて消滅する運命にあるかどうかを探るためのものである。

コメントなどを投稿するフォームは、日本語対応時のみ表示されます


KisoDic通信用語の基礎知識検索システム WDIC Explorer Version 7.03 (16-May-2019)
Search System : Copyright © Mirai corporation
Dictionary : Copyright © WDIC Creators club