通信用語の基礎知識 IPv4
戻る
参加者募集中

ヒッグス機構

辞書:科学用語の基礎知識 素粒子・用語編 (NPARTY)
読み:ひっぐす・きこう
品詞:名詞
2011/12/15 作成
2013/10/05 更新

素粒子物理学の標準理論により説明される相互作用で、ヒッグス場素粒子質量を与える作用のこと。

物質の、質量獲得の仕組みがヒッグス機構である。

物質に質量がある理由を説明するにおいて、予測と事実を整合させるためにヒッグス場という場を想定し、ヒッグス機構という相互作用を導入した。

質量を与えるのがヒッグス場であるとしたら、これを積極的に制御できれば、いまはSFの世界である「慣性制御」も夢ではなくなる。

つまり、推進剤を使わない宇宙機や宇宙船も不可能ではない。

関連する用語
ヒッグス場

コメントなどを投稿するフォームは、日本語対応時のみ表示されます


KisoDic通信用語の基礎知識検索システム WDIC Explorer Version 7.03 (16-May-2019)
Search System : Copyright © Mirai corporation
Dictionary : Copyright © WDIC Creators club