通信用語の基礎知識 IPv4
戻る
参加者募集中

フリートリッヒ・ヴィルヘルム・ハーシェル

辞書:科学用語の基礎知識 天文学編 (UAST)
読み:フリートリッヒ・ヴィルヘルム・ハーシェル
外語:Friedrich Wilhelm (Sir William) Herschel ドイツ語
品詞:人名

記事の有効期限について

この記事は更新履歴情報のない、旧形式項目です。久しく更新されておらず、古い記述を含む可能性があります。

更新すべき内容を見つけた場合は、ページ末の報告フォームよりお知らせください。また、現在当サイトは編集仲間を求めています

ドイツのハノーファーで生まれた天文学者。1738(元文3)〜1822(文政5)。日本では "ウィリアム・ハーシェル" として知られる。

現在の宇宙構造理解の基本となる、銀河系宇宙を1784(天明4)年に提唱した。この当時は恒星までの距離を測る方法がなかったので、恒星は全て同じ明るさであるという仮定で星の分布をプロットし、宇宙構造の図を作り上げた。この宇宙は横に細長い構造で、それが天の川の方向で星が見える、ということになる。この概念の特徴は、太陽が銀河の中心にあるということで、旧来の天動説に近い発想であるということである。

また、1871(明治4)年に天王星を発見したことも功績の一つである。

関連する用語
天王星
天の川
アルギエバ
天文学者

コメントなどを投稿するフォームは、日本語対応時のみ表示されます


KisoDic通信用語の基礎知識検索システム WDIC Explorer Version 7.03 (16-May-2019)
Search System : Copyright © Mirai corporation
Dictionary : Copyright © WDIC Creators club