通信用語の基礎知識 IPv4
戻る
参加者募集中

ブレンステッド酸

辞書:科学用語の基礎知識 化学物質用語編 (NSUBY)
読み:ブレンステッドさん
外語:Brønsted acid デンマーク語
品詞:名詞

記事の有効期限について

この記事は更新履歴情報のない、旧形式項目です。久しく更新されておらず、古い記述を含む可能性があります。

更新すべき内容を見つけた場合は、ページ末の報告フォームよりお知らせください。また、現在当サイトは編集仲間を求めています

プロトン(陽子)を供給するもの。

例えば水中においては、2H2O = H3O+ + OH という自己解離をするので、H3O+を増加させるものが、OHを増加させるものが塩基である。液化アンモニア中であれば、2NH3 = NH4+ + NH2 という自己解離があるので、NH4+ を増加させるのが酸、NH2を増加させるのが塩基である。

この定義によると、酸、塩基は相対的なもの、といえる。例えば、酢酸は水中では酸となる(CH3COOH + H2O = CH3COO + H3O+)。しかし、硫酸中では塩基として働く(CH3COOH + H2SO4 = CH3C(OH)2+ + HSO4)。

ブレンステッド-ローリーの酸/塩基(Brønsted-Lowry)ということもある。

関連する用語

ブレンステッド塩基
ルイス酸

コメントなどを投稿するフォームは、日本語対応時のみ表示されます


KisoDic通信用語の基礎知識検索システム WDIC Explorer Version 7.03 (16-May-2019)
Search System : Copyright © Mirai corporation
Dictionary : Copyright © WDIC Creators club