通信用語の基礎知識 IPv4
戻る
参加者募集中

マリナー10号

辞書:科学用語の基礎知識 天文学人工衛星編 (USATE)
読み:マリナーじゅうごう
外語:Mariner 10 英語
品詞:固有名詞
2004/07/21 作成
2009/06/13 更新

アメリカNASAの惑星探査機。水星探査機であるが、途中金星探査も行なった。

基本情報

  • 所有国: アメリカ合衆国
  • 打ち上げ: 1973(昭和48)年11月3日14:45:00(日本時間)(@281)
  • ロケット: アトラス・セントールロケット
  • 発射台: ケープカナベラル空軍基地
  • 打ち上げ時質量: 473.9kg(燃料を除く)
  • 搭乗員: なし(無人)
  • 国際標識番号: 1973-085A

沿革

  • 1973(昭和48)年11月3日14:45:00(日本時間)(@281): 打ち上げ
  • 1974(昭和49)年1月: コホーテク彗星の紫外線の観察
  • 1974(昭和49)年1月21日: コース修正
  • 1974(昭和49)年2月6日02:01(日本時間)(5日@750): 金星への最接近(金星より距離5768km)
  • 1974(昭和49)年3月30日05:46(日本時間)(29日@906): 水星軌道横断(水星より距離704km)
  • 1974(昭和49)年9月21日: 水星への接近 第2回 (水星より距離48,069km)
  • 1975(昭和50)年3月16日: 水星への接近 第3回 (水星より距離327km)
  • 1975(昭和50)年3月24日: 姿勢制御ガスを使い果たし、探査を終了

探査

1973(昭和48)年11月3日14:45:00(日本時間)(@281)にNASAにより打ち上げられた。国際標識番号1973-085A。

金星の引力を利用して水星に近づき、写真撮影などを行なった。

マリナーシリーズ全10ミッションの総費用が5億5400万ドルで、うちマリナー10ミッションの総費用は1億ドルとされる。

技術情報

衛星重量は502.9kgで、うち29kgが推進体と姿勢制御ガスである。搭載された観測機器の全体重量は79.4kgである。

ロケットエンジンは222-N液体単推進体ヒドラジンモーターである。

指令と制御は、512ワードのメモリーを持ったオンボードコンピューターで行なわれた。

また、現在位置を確認するための、カノープス星感知器が搭載されている。

金星

まず金星に近づいた際、紫外線カメラを利用して厚い雲の様子の撮影に成功した。

結果、金星大気は循環しており、雲は4日間で金星を一周していることを明らかにした。

更に、弱い磁界を持ち、太陽風と作用しバウショックを形成することを明らかにした。

水星

そして1974(昭和49)年3月29日〜1975(昭和50)年3月15日にかけ、計3回、水星へ接近し観測を行なった。

これにより、水星には大気がないこと、水星表面はに似たクレーターで覆われていること、僅かな磁界を持つことを明らかとした。

そして、水星の質量は予想以上に大きく、水星質量の3/4にもなる鉄の内核が存在する可能性があることが示された。

関連するリンク
http://nssdc.gsfc.nasa.gov/database/MasterCatalog?sc=1973-085A
用語の所属
NASA
マリナー
関連する用語
金星
水星

コメントなどを投稿するフォームは、日本語対応時のみ表示されます


KisoDic通信用語の基礎知識検索システム WDIC Explorer Version 7.03 (16-May-2019)
Search System : Copyright © Mirai corporation
Dictionary : Copyright © WDIC Creators club