通信用語の基礎知識 IPv4
戻る
参加者募集中

ユリウス通日

辞書:科学用語の基礎知識 科学編 (NSCI)
読み:ユリウスつうじつ
外語:JD: Julian Date 英語
品詞:名詞
2005/09/21 更新

現在の電子計算機でも用いられているの一つ。「ユリウス日」または「ユリウス積日」とも呼ばれる。

この名はJoseph Justus Scaliger(ヨセフ・ユストゥス・スカリゲル)が、偉大なる父Julius Caesar Scaliger(ユリウス・カエサル・スカリゲル)を記念して命名した。すなわちユリウスといってもユリウス暦のユリウスとはユリウス違いであり、特に関係はない。

ユリウス通日は紀元前4713年1月1日を起源とし、その日の正午(国際標準時)を0として数えた通算日数である。時刻は小数によって表現される。

なぜ紀元前4713年なのかというと、この年は、28年周期の太陽章、19年周期の太陰章(メトン周期)という天文上の周期と、ローマ帝国における15年周期のローマン・インディクション(これは西暦313年を第1年とする)の三つが丁度重なる年となるからである。

例えば、2000年1月1日の正午(国際標準時)のユリウス通日は2451545日になる。日本では国際標準時(UTC)から−9時間修正する必要がある。この修正により小数が生じるが、小数を付けてユリウス通日を表現する場合UTC(国際標準時)から12時間遅れた(つまり昼の)値を使用する規約となっている。

ユリウス通日(JD)は桁数が大きいため扱いづらい。そこで修正ユリウス通日(MJD)が使われる。修正ユリウス通日=ユリウス通日−2400000.5で、昼が基準になっていたものを深夜零時基準に修正している。

コメントなどを投稿するフォームは、日本語対応時のみ表示されます


KisoDic通信用語の基礎知識検索システム WDIC Explorer Version 7.03 (16-May-2019)
Search System : Copyright © Mirai corporation
Dictionary : Copyright © WDIC Creators club