通信用語の基礎知識 IPv4
戻る
参加者募集中

入力トレラント機能

辞書:科学用語の基礎知識 電子用語編 (NELECY)
読み:にゅうりょくトレラントきのう
品詞:名詞
2011/06/22 作成

信号入力が電源電圧以上に設定されても、入力から電源に向かって電流が流れないようにする機能。

目次

トレラント機能が無い場合、ダイオード回路となるため、電源電圧(VCC)以上を印加することができない。

対して入力トレラント機能があれば、電源電圧とは無関係に信号の電圧が決められ、入力に対応できる。

例えば、入力電圧耐圧が5.5Vや3.6Vとあれば、電源電圧とは無関係に5.5Vや3.6Vまでの電圧を入力に印加できる。

入力が5.5Vで電源が3.3Vなら、5Vから3.3Vへのレベル変換が出来ることになる。また、入力が3.6Vで電源が1.8Vなら、3.3Vから1.8Vへのレベル変換が出来ることになる。

関連する用語
トレラント

コメントなどを投稿するフォームは、日本語対応時のみ表示されます


KisoDic通信用語の基礎知識検索システム WDIC Explorer Version 7.03 (16-May-2019)
Search System : Copyright © Mirai corporation
Dictionary : Copyright © WDIC Creators club