通信用語の基礎知識 IPv4
戻る
参加者募集中

化合物半導体

辞書:科学用語の基礎知識 化学物質用語編 (NSUBY)
読み:かごうぶつ・はんどうたい
品詞:名詞
2014/12/01 作成

複数の元素を材料とした半導体

目次

元素半導体の代表である珪素(シリコン)よりも高速に動作したり、低電圧で動作したりなど優れた特性を持つほか、光に反応したり、マイクロ波を放出したりなどの性質を兼ね備えることが可能であることから、研究が進められている。

様々な利点があるが、シリコンと比べて高価なことや、結晶が割れやすく大型化が難しいなどの欠点もある。

特性とコストなどにより元素半導体と比較すると製造量は少ないものの、ガリウム砒素(GaAs)などはよく使われている。

その材料には様々あるが、次の三種類が多く研究または実用化されており、それぞれで異なった性質を持っている。

用語の所属
半導体
関連する用語
化合物

コメントなどを投稿するフォームは、日本語対応時のみ表示されます


KisoDic通信用語の基礎知識検索システム WDIC Explorer Version 7.03 (16-May-2019)
Search System : Copyright © Mirai corporation
Dictionary : Copyright © WDIC Creators club