通信用語の基礎知識 IPv4
戻る
参加者募集中

反射屈折望遠鏡

辞書:科学用語の基礎知識 天文学・機材編 (UASTE)
読み:はんしゃくっせつぼうえんきょう
外語:catadioptric telescope 英語
品詞:名詞
2003/07/12 作成
2014/06/29 更新

屈折式反射式を合わせた複合式望遠鏡で、レンズと反射鏡の両方を用いる。

シュミットカセグレン式望遠鏡がメジャーで、他にマクストフカセグレン、シュミットカメラなどがある。

ただし、レンズとはいっても、時としてかなり特殊なものが使われる。例えば、シュミットカセグレンの場合は、かすかに起伏のついた薄い非球面で、素人目にはただのガラス板にも見える。

通常、反射望遠鏡の像を屈折系で改善する形を取る。そのため、同じ口径や焦点距離でも、多少無理をした設計が可能となる。これにより、同じ口径でも鏡筒を短く小型に抑えたり、より広い範囲で精度の良い像を得たりする。

用語の所属
望遠鏡
関連する用語
反射望遠鏡
シュミットカセグレン式望遠鏡

コメントなどを投稿するフォームは、日本語対応時のみ表示されます


KisoDic通信用語の基礎知識検索システム WDIC Explorer Version 7.03 (16-May-2019)
Search System : Copyright © Mirai corporation
Dictionary : Copyright © WDIC Creators club