通信用語の基礎知識 IPv4
戻る
全国のICカードこれひとつ

口腔がん

辞書:科学用語の基礎知識 医学・情報編 (BMEDI)
読み:こうくうがん
品詞:名詞
2004/04/22 作成

科学用語の基礎知識・医学情報

自身の健康問題に関しては、専門の医療機関にご相談下さい。

本項目は、情報の提供のみを目的としています。免責事項もご覧ください。

口の中にできるがんの総称。

舌にできる舌がん、舌と歯ぐきの間にできる口腔底がん、歯ぐきにできる歯肉がん、頬の内側の粘膜にできる頬粘膜がん、口の上蓋(天井部分)にできる硬口蓋がん等がある。

この中で最も多いのは舌がんであるが、口腔がんは頻度が少なく、全てのがんの中でも数%程度である。

口腔がんは歯科や内科で診断が付く場合もあるが、主に総合病院の耳鼻科や口腔外科で発見されている。

ちなみに、"口腔" は本来 "こうこう" と読むが、医学界においては慣用的に "こうくう" と読む。

関連する疾病
がん
舌がん

コメントなどを投稿するフォームは、日本語対応時のみ表示されます


KisoDic通信用語の基礎知識検索システム WDIC Explorer Version 7.04 (07-Mar-2021)
Search System : Copyright © Mirai corporation
Dictionary : Copyright © WDIC Creators club