通信用語の基礎知識 IPv4
戻る
全国のICカードこれひとつ

台形

辞書:科学用語の基礎知識 算数・数学編 (NMATH)
読み:だいけい
外語:trapezoid 英語 , trapez/o エスペラント
品詞:名詞

記事の有効期限について

この記事は更新履歴情報のない、旧形式項目です。久しく更新されておらず、古い記述を含む可能性があります。

更新すべき内容を見つけた場合は、ページ末の報告フォームよりお知らせください。また、現在当サイトは編集仲間を求めています

一組の対辺が平行な四角形。台のかたちをした図形の名。面積は(上底+下底)×高さ÷2、で求められる。

台形の面積は小学校で習う。なぜこのような式になるのかも当然、その時に教わるはずであるが、生活に馴染み薄いためか意外と後から思い出せないものである。これは丸暗記主体の現在の教育にも問題があるかもしれない。

さて、台形は、実は二つの三角形が合わさったものとも考えることができるのである。

三角形の面積は底辺×高さ÷2であるので、こう考えると上底×高さ÷2+下底×高さ÷2、つまり、(上底+下底)×高さ÷2、という式が導かれるわけである。

関連する用語
三角形

コメントなどを投稿するフォームは、日本語対応時のみ表示されます


KisoDic通信用語の基礎知識検索システム WDIC Explorer Version 7.04a (27-May-2022)
Search System : Copyright © Mirai corporation
Dictionary : Copyright © WDIC Creators club