通信用語の基礎知識 IPv4
戻る
参加者募集中

多層基板

辞書:科学用語の基礎知識 電子用語編 (NELECY)
読み:たそうきばん
品詞:名詞
2007/04/09 作成

絶縁板の内部にも配線層を形成したプリント基板のこと。表と裏の2層に加え、内部にも1層以上存在し、総じて3層以上存在する基板をこう呼ぶ。

これを著している時点では、32層までに対応する業者が多いようだ。

目次

主として、電子計算機の回路基板などの高速ディジタル回路の基板に使われる。

例えば4層基板であれば、裏表の両面にパターンを形成し、中層の2層に、電源層(VCC)とグランド層(GND)を形成することが多い。

よく使われるものに、次のようなものがある。

  • 3層基板
  • 4層基板
  • 6層基板
  • 8層基板
  • 10層基板
  • 12層基板
  • 14層基板
  • 16層基板
  • 18層基板
  • 20層基板
  • 22層基板
  • 24層基板
  • 26層基板
  • 28層基板
  • 30層基板
  • 32層基板
関連する用語
プリント基板

コメントなどを投稿するフォームは、日本語対応時のみ表示されます


KisoDic通信用語の基礎知識検索システム WDIC Explorer Version 7.03 (16-May-2019)
Search System : Copyright © Mirai corporation
Dictionary : Copyright © WDIC Creators club