通信用語の基礎知識 IPv4
戻る
全国のICカードこれひとつ

大シルチス

辞書:科学用語の基礎知識 天文学天体地理編 (USTLG)
読み:だいシルチス
外語:Syrtis Major Planum 英語
品詞:その他地名

記事の有効期限について

この記事は更新履歴情報のない、旧形式項目です。久しく更新されておらず、古い記述を含む可能性があります。

更新すべき内容を見つけた場合は、ページ末の報告フォームよりお知らせください。また、現在当サイトは編集仲間を求めています

火星南半球中央部に黒くみえる場所。

語源

シルチスはリビア北部にあるスルト湾(Surt)、別名シルテ湾(Sirte)の古称に由来する。

イタリアの天文学者ジョバンニ・スキアパレッリが命名した。

地形

小口径の望遠鏡でもその存在を確認することができ、火星観測の一つの目標となる。

黒く見える箇所は南の方角に続いており、チュレニーの海、キンメリア人の海、と命名されている。

ちなみに松本零士の銀河鉄道999では、火星の駅はここに存在する。

用語の所属
火星

コメントなどを投稿するフォームは、日本語対応時のみ表示されます


KisoDic通信用語の基礎知識検索システム WDIC Explorer Version 7.04a (27-May-2022)
Search System : Copyright © Mirai corporation
Dictionary : Copyright © WDIC Creators club