通信用語の基礎知識 IPv4
戻る
全国のICカードこれひとつ

宇宙発射システム

辞書:科学用語の基礎知識 天文学ロケット編 (UROCKET)
読み:うちゅうはっしゃシステム
外語:SLS: Space Launch System 英語
品詞:固有名詞
2011/09/15 作成

スペースシャトルの後継となる二段式ロケット。略称SLS。

目次

先代のスペースシャトルは再利用可能だったが、SLSは使い捨てのロケットである。

無人での運搬のほか、「オリオン宇宙船」を連結することで宇宙飛行士を運ぶこともできる。

2011(平成23)年9月14日に発表され、2017(平成29)年に無人の試験飛行を目指し、その後は地球近傍小惑星や火星の探査に使う計画である。

スペースシャトルの後継として、有人宇宙船のCEV(当時の仮称、後のオリオン)を打ち上げるロケット「アレスⅠ」として開発されていたロケットが元である。

固体ロケットブースターの併用で、最大130トンの打ち上げ能力を持つとされる。

計画では、2017(平成29)年に無人打ち上げ試験の実施、その後「オリオン」を載せて、2025(令和7)年に小惑星、2030(令和12)年以降に火星を目指すとしている。

関連する用語
NASA
ロケット

コメントなどを投稿するフォームは、日本語対応時のみ表示されます


KisoDic通信用語の基礎知識検索システム WDIC Explorer Version 7.04a (27-May-2022)
Search System : Copyright © Mirai corporation
Dictionary : Copyright © WDIC Creators club