通信用語の基礎知識 IPv4
戻る
参加者募集中

宇宙空間

辞書:科学用語の基礎知識 天文学編 (UAST)
読み:うちゅうくうかん
外語:outer space 英語
品詞:名詞
2018/01/09 作成

天体間に存在する広がり。

目次

宇宙空間という用語には明確な定義はないが、主に次の二義で使われる傾向にある。

  • 地球天体を含まず、その周辺に存在する空間の総称
  • 地球以外の天体を含み、地球の大気圏外に存在する全ての空間の総称

地球も宇宙に存在する天体の一つだが、宇宙空間と言った場合は地球は含まない。英語では宇宙はUniverseなのに対して宇宙空間はouter space(外側の空間)と呼ばれ、日本語より直接的な表現である。

秩序をもって存在する時間と宇宙空間内に存在するあらゆるものを総じて宇宙という。

地球からどの程度以遠を宇宙空間(outer space)というかは、領空の高さを定め主権を制限することになるため明確な規定は今のところない。ただ一応の基準として高度100kmと定めたカーマン・ライン(カーマン線)が国際航空連盟により設定されており、この高さが大気圏と宇宙空間の一応の境界とされている。

関連する用語
宇宙
星間物質
恒星間空間

コメントなどを投稿するフォームは、日本語対応時のみ表示されます


KisoDic通信用語の基礎知識検索システム WDIC Explorer Version 7.03 (16-May-2019)
Search System : Copyright © Mirai corporation
Dictionary : Copyright © WDIC Creators club